1. トップページ
  2. カリカチュア

Caricature カリカチュア

■フランスのカリカチュア( 風刺漫画)について

 近代漫画は、石版印刷術を用いたジャーナリズムの中で発達してきた美術分野といえます。
 1830年、フランス人シャルル・フィリポンが創刊した風刺雑誌『ラ・カリカチュール』は、石版漫画入りの"見る時局新聞"であり、フランス人はその新しいジャーナリズム に心を奪われ、発売日には出版元を取り巻く行列ができたほどでした。
 "カリカチュールから漫画ジャーナリズムが始まる"といわれるほどの画期的な出来事でしたが政治風刺の鋭さに、時の権力の弾圧を幾度も受け、1835年8月29日をもって出版禁 止になりました。しかし、1833年に、フィリィポンによって出版された日刊新聞『ル・シャリバリ』は、政治風刺から世相・風俗への風刺に転向して約40年もの寿命を保ち、オ ノーレ・ドーミエや、ポール・ガヴァルニなどの画家が寄稿家として活躍し、風刺漫画の最盛期を築き上げました。
 19世紀末から20世紀のベル・エポック期になると、『クーリエ・フランセ』『ル・リール』『ラシェット・オ・ブール』『バイオネット』等々の週間風刺漫画雑誌が数多く出 版され、ロートレック、フォラン、スタンラン、ヴィレット、レアンドレなどの画家達が都市庶民のペーソスを描き、情緒的な世紀末漫画を作り上げています。

■オノレ・ドーミエ(1808-1879)Honore Daumier

 フランスの画家、版画家。「ラ・カリカチュール」「ル・シャリヴァリ」紙を舞台に痛烈な諷刺画を発表。何者も恐れず権力と戦うドーミエの姿勢は反体制の象徴となった。 石版画・絵画・彫刻にすぐれた作品を残し、民衆との真の対話を持った芸術家として、多くの人々に愛されている。

ドーミエ01 ドーミエ02 ドーミエ03
「味覚」
タイプ・パリジャン シリーズpl.40
シャリバリ紙1841年2月26日掲載
「聴覚」
タイプ・パリジャン シリーズpl.41
シャリバリ紙1843年1月6日掲載
「危険、気球ペチコート」
時事383 たが骨ペチコートシリーズ
シャリバリ紙1857年4月3日掲載
ドーミエ04 ドーミエ05 ドーミエ06
「用心深い水浴者たち」
水浴者シリーズ
シャリバリ紙1847年8月15日掲載
「洗濯屋の新しい旗」
時事430
シャリバリ紙1857年8月26日掲載
「クリノリンの効用」
時事414
シャリバリ紙1857年6月19日掲載